ラグマットの種類やおおまかな価格などをご紹介します

床に敷くものだけに、ラグマットはカーテンやクッションなどよりも、部屋の印象をガラリと変えることができるアイテムです。お店で一目惚れして衝動買いするのも楽しいですが、インテリアにこだわる人は、いま人気のラグマットや、素材の質、色や柄など少し調べてから購入すると、遊びに来た友人たちにセンスの良さをアピールすることができます。和室か洋室か、今ある家具や食器類との調和はどうかなど、あれこれ考えること自体楽しんで、お気に入りのラグマットを探してみましょう。ラグマットという語感から、主に洋室向きのアイテムにも思えますが、綿や麻、イグサなどで編み込まれたアジアンテイストなラグマットもあります。アレンジ次第で、和室の雰囲気をグッと変えたり、無国籍風のインテリアを楽しむこともできます。

ヨーロッパ風か、アジアンテイストか

ラグマットの種類は、千差万別、さまざまな素材の製品があり、色や柄も多種多様です。そうは言っても、何種類かのカテゴリがあって、それを把握しておくと、好みのラグマットに早く出会うことができます。自分の好みの斜め上を行く、意外性のあるものを知るきっかけにもなります。まず、大雑把に分けて、洋室に合うタイプか、和室に合うタイプかになります。洋室向きでは、北欧テイストと呼ばれるタイプがあります。ひところ大人気となり、以後定番ともなっている北欧系の家具や小物類と合うようなデザインの総称です。シンプルでモダンなデザイン、落ち着いた色合いの製品が多いので、どんな洋室の雰囲気にも合わせやすいラグマットが多いです。一方のアジアン系は、素材に綿や麻といった通気性のよい繊維が使われていることが多いので、主に夏向きと言えましょう。どちらも持っていれば、季節に合わせてチェンジして楽しめます。

ラグマットの価格比較はショッピングモール検索で

自分が欲しいラグマットの傾向がだいぶ固まってきたところで、いよいよマット選び本番です。実店舗で製品そのものの感触や、色柄を自分の目で確かめたい折は、品ぞろえ豊富なインテリア専門の大型店がお勧めです。近隣にそういった店舗が無い場合は、ネットショッピングの利用が便利です。まず試したいのが、さまざまな店舗が加盟している大手ショッピングモールでの検索です。ワード欄にラグマットと入れ、スペースを空けて、欲しい色や柄の名称を入れて行きます。何種類か欲しいタイプが出そろったところで、並び替えを「価格が安い」に設定すれば、同じラグマットが、安価な順で表示されます。同じ製品が、店舗によって微妙に価格が違っていたり、期間限定で特別価格になっていたりします。注意しなくてはならないのが送料です。価格そのものはどこよりも安価でも、送料で割高になってしまうこともあるので、よく見極めていきましょう。気に入ったラグマットを、よりお得な価格で手に入れられたら、嬉しさ倍増となるはずです。