ラグマットを通販で購入するときに気をつけたい点

お部屋のポイントにラグマットを購入する方は多いのではないでしょうか。ラグマットを敷くメリットはお部屋のポイントになるだけでなく、床や家具が傷つくのを防いだり、足音や物音などの生活音をやわらげたり、埃やハウスダストの吸着もしてくれます。素材によっては保温性がありエアコン代の節約にもなっています。そんなメリットがたくさんあるラグマットも最近は通販で手軽に購入できます。しかしいざ購入しようと思っても、どんな色を選べばいいのか、無地がいいのかデザイン性の高いものがいいのか、サイズはどうしたらいいのか等、わからないことがたくさんあります。今回はラグマットを購入する際、多くの人が悩むだろう色、デザイン、サイズの基本的なポイントをまとめました。これらを参考に素敵なラグマットを見つけて下さい。

失敗しない色選びとデザインに注意

通販でラグマットを購入する際まず注意したいのが色味の違いです。部屋のイメージに合わせて色を選ぶことが多いと思いますが、実際届いてみるとなんだかイメージしていたものと違うということがよくあります。写真に撮るとどうしても色が違って見えるのは仕方のないこと。そこで失敗しないお勧めの色はアースカラーです。例えばブラウン、ベージュ、グレー、グリーン等です。これらの色は普段から目にすることが多く馴染みのある色なので部屋にも馴染みやすいです。また、デザインにも少し注意が必要です。ラグマットは部屋の中で大きな面積を占めるもの。単体だと素敵に見えても、敷いてみると主張しすぎてしっくりこないということがあります。シンプルに無地もものを選ぶ方法もありますが、それだと味気ないという場合は曲線系のデザインを選ぶと部屋の雰囲気もやわらかい印象になってお勧めです。

適切なサイズとお手入れ方法を確認

次に注意したいことがサイズです。きちんと測らずに購入してしまうと大きすぎて余ってしまったり、小さくてバランスが悪くなってしまいます。でもサイズの測り方がよくわからないという方も多いと思いますので、その場合は次の測り方を参考にしてみて下さい。例えばソファの前に敷く場合、横幅はソファの脚から外へプラス10cm~15cm余裕をもつとバランスよくまとまります。縦幅は自宅によってさまざまなので、ソファからテレビ台までの幅を測り綺麗におさまるものを選びます。小さなお子様がいたり床に座って作業をする習慣がある場合は、少し大きめのものを選ぶと余裕をもって使えます。最後にお手入れ方法もしっかり確認が必要です。ラグマットは素材によってお手入れ方法が違います。最近では自宅の洗濯機で丸洗いできるものもありますが、全素材共通でできるのは掃除機をかけること。埃を吸うだけでなくダニ予防にも効果的です。日陰干しも同様の効果がありますが、太陽の光で色落ちしないように注意して下さい。